TOPICS
第18回広島国際アニメーションフェスティバルの
開催方式の変更・縮小について

アニメーション芸術を通じ、「愛と平和」を希求することを目的に、昭和60年から隔年で実施してきた広島国際アニメーションフェスティバルについて、第18回大会を8月20日(木)~24日(月)の間、JMSアステールプラザにおいて開催することとしていました。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の終息が見通せない中、国内外から多くの来場者や大会関係者の参加を得て実施する従来の開催方式では、感染の危険性を完全に払拭できないと判断しました。
そのため、下記のとおり、開催方式を変更・縮小し、実施することとします。

  1. フェスティバルの中核をなすコンペティションの審査を、観客参加の下、上映して行うことに代えて、審査員がインターネットを通してオンライン会議で行います。
  2. 世界の優秀作品等の上映、アニメーション教育機関のブース出展及びワークショップ等のサブイベント並びに前夜祭等のプレイベントを中止します。
  3. 上映の中止に伴い、受賞作品のインターネットでの公開を検討します。

大会の詳細は、決定次第、随時、本公式サイトでお知らせします。

2020年4月30日
広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会

選考審査について

この度は、HIROSHIMA2020コンペティションへの作品ご応募、誠にありがとうございます。
84か国・地域から、2,339作品のご応募をいただきました。
オンライン選考審査への変更に伴い、審査に時間を要するため、選考審査の開始日を5月9日から5月1日へ変更しました。
また、時差のため、海外の国際選考委員(スヴェトラナ フィリッポヴァズビグニェフ チャプラリン トムリンソンステファン ストラティル)がオンライン会議に携わることができないため、日本の大西 宏志と、海外の国際選考委員から委任を受けた国内の代理選考委員(佐藤 皇太郎長尾 真紀子木下 小夜子)により、選考審査を行います。

国際名誉会長は
アレクサンドル ペトロフ!

HIROSHIMA 2020 国際選考委員

スヴェトラナ フィリッポヴァ(ロシア)、ズビグニェフ チャプラ(ポーランド)、リン トムリンソン(アメリカ)、ステファン ストラティル(オーストリア)、大西宏志(日本)

※ 今回の選考審査は、日本の大西宏志氏と、海外の国際選考委員から委任を受けた国内の代理選考委員とで行います。

フェスティバル・ディレクターからのメッセージ

広島国際アニメーションフェスティバルについて

広島国際アニメーションフェスティバルは、2年に一度、広島市で8月に開催される、国際アニメーションフィルム協会(Association Internationale du Film d' Animation - ASIFA) 公認の映画祭です。

What's New
Auto RaceKEIRIN.JPASIFA-JAPAN