第8回大会 HIROSHIMA 2000

2000.8.24-28 会場:アステールプラザ

国際名誉会長

フョードル・ヒートルーク

(ロシア)

審査員
国際審査委員(*は審査委員長)

ジャック・ドゥルーアン

(カナダ)

ポール・デノイヤー

(オランダ)

ナターリア・チェルニェソヴァ

(ウクライナ)

ビル・プリンプトン

(アメリカ)

ジェイン・ピリング*

(イギリス)

井原高忠

(アメリカ・日本)

国際選考委員(*は選考委員長)

ピエール・アズエロス

(フランス)

ベアベル・ノイバウアー

(ドイツ)

グナー・ストローム

(ノルウェー)

スティーブン・スボトニク*

(アメリカ)

今城崇江

(日本)

受賞作品
グランプリ

『ある一日のはじまり』

ウエンディ・ティルビー、
アマンダ・フォービス

(カナダ)

ヒロシマ賞

『家を買った男』

ピョートル・サペガン

(ノルウェー)

デビュー賞

『存在』

ミュンハ・リ-

(大韓民国)

木下蓮三賞

『愚か者の村』

ユージン・フェドレンコ、
ローズ・ニューラブ

(カナダ)

2000年特別賞(観客賞)

『地球の果てで』

コンスタンティン・ブロンジット

(フランス)

国際審査委員特別賞

『ザ・ペリーウィッグ・メイカー』

ステファン・シャフラー

(ドイツ)

『イン・ディヴィドゥ』

ニコール・ヒューイット

(クロアチア)

『ザ・サスペクト』

ホゼ・ミゲル・リベイロ

(ポルトガル)

『ビオラ』

プリット・テンダー

(エストニア)

『地球の果てで』

コンスタンティン・ブロンジット

(フランス)

『金の子牛』

アルビズ・レンジニ

(イタリア)

優秀賞

『三人のおとめ』

ポール・ドリエッセン

(オランダ)

『老人と海』

アレクサンドル・ペトロフ

(カナダ、日本、ロシア)

『フライング・ナンセン』

イゴール・コヴァリヨフ

(アメリカ)

『ファーメント』

ティム・マクミラン

(イギリス)

『王様のシャツにアイロンをかけたのは私の祖母』

トリル・コーヴ

(カナダ)

『父の物語』

メアリー・ココル

(アメリカ)

『キーピング・マム』

ジャン- リュック・グレコ、
カテリーヌ・ブファ

(フランス)

『ハムドラム』

ピーター・ピーク

(イギリス)

  • ツイッター - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

Copyright ©2006 International Animation Festival Hiroshima. All Rights Reserved.

top_btn.png