第9回大会 HIROSHIMA 2002

2002.8.22-26 会場:アステールプラザ

国際名誉会長

ニコール・サロモン

(フランス)

審査員
国際審査委員(*は審査委員長)

ストヤン・ドゥコフ

(ブルガリア)

フェレンツ・ツァコー

(ハンガリー)

ネルソン・シン

(大韓民国)

ヴェラ・ノイバウアー

(イギリス)

ジョーン・グラーツ*

(アメリカ)

小田桐 昭

(日本)

国際選考委員(*は選考委員長)

ジャン-ピエール・パグリアーノ

(フランス)

アナスタシア・ディミトラ

(ギリシャ)

ピーター・パール

(イギリス)

エイミー・クラヴィッツ*

(アメリカ)

山村浩二

(日本)

受賞作品
グランプリ

『ファーザー・アンド・ド-ター』

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

(オランダ、イギリス)

ヒロシマ賞

『ドッグ』

スージー・テンプルトン

(イギリス)

デビュー賞

『ソセディ』

ステパーン・ビリュコフ

(ロシア)

木下蓮三賞

『ザ・フィッシュ・ハンターズ』

ロザナ・リエラ

(フランス)

観客賞

『ファーザー・アンド・ド-ター』

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

(オランダ、イギリス)

国際審査委員特別賞

『勇士フランソワ』

カルル・ポルタ

(フランス)

『プリママルズ』

ミシャル・ザブカ

(チェコ)

『氷山を見た少年』

ポール・ドリエッセン

(カナダ)

『ラ・ピルエット』

タリ

(カナダ)

『ブカスキス』

ミハイル・アルダシン

(ロシア)

『フラックス』

クリス・ヒントン

(カナダ)

優秀賞

『少女と雲』

ジョルジュ・シュヴィツゲベル

(スイス)

『風船は戻らない』

セシリア・マレロス・マルム

(ベルギー)

『コピー・ショップ』

ヴァージル・ヴィドリッヒ

(オーストリア)

『ビオトープ』

メルワン・シャバン

(フランス)

『ストレンジ・インヴェーダーズ』

コーデル・バーカー

(カナダ)

『朱の路』

村田 朋泰

(日本)

『エンジェル』

アーロン・リム

(大韓民国)

『ザ・グラヴ』

ホアン・パブロ・ザラメラ

(アルゼンチン)

『ザ・タイトロープ・ウォーカー』

ロベルト・カターニ

(イタリア)

『ノー・モア・レッド・ペンシルズ』

アルベル・パサラダ、
ヴァルデット・パサラダ

(イギリス)

  • ツイッター - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

Copyright ©2006 International Animation Festival Hiroshima. All Rights Reserved.

top_btn.png