国際アニメーション・デー(IAD)の開催

10月28日は、フランスのエミール・レイノー(Emile Reynaud 1844~1918)が、1892年、パリのグレヴァン博物館にて、自ら発明したテアトル・オプティック(視覚劇場)を用いて、世界で初めてアニメーションを一般公開した日と言われています。

国際アニメーションフィルム協会(ASIFA、本部:フランス・アヌシー市)は、アニメーションアートの普及と発展を目的として、この記念すべき 10月28日を“国際アニメーション・デー”と定め、2002年から、各国のASIFA支部を中心に、毎年10月28日およびその前後、世界中で“同時”にアニメーションの催しを行なう企画を展開しています。今年は17周年を迎えます。

日本でもASIFA日本支部が主体となって、2005年からこの企画に参加しており、今年も「国際アニメーション・デー2018」を開催いたします。

国際アニメーション・デー2018 in 広島
広島国際アニメーションフェスティバル優秀作品特別上映会

「国際アニメーション・デー2018 in 広島」は、ASIFA-JAPANが共催している広島国際アニメーションフェスティバルの実行委員会等の主催により、広島市及び呉市の4つの会場で、10月27日(土)、29日(月)、11月3日(祝・土)、4日(日)、10日(土)の5日間、開催いたします。

以下の会場ごとに、過去の広島国際アニメーションフェスティバル受賞作品等の中から、異なるプログラムで上映します。世界の優れたアニメーション作品を是非お楽しみください。

会場及び、上映日時のご案内

*上映会についてのお問い合わせは、広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会事務局にご連絡下さい。

国際アニメーション・デー2018 in 広島

IAD 2018 in Hiroshima 公式ポスター

illustration by Misael Barbosa, Juan Pablo Becerra, Emilia Castillo, René Castillo, Eliant Elias, Ricardo Niño, Mario Ruiz, Ángeles Vargas & Christian Vázquez(ASIFA-Mexico) Japanese version designed by ASIFA-JAPAN

▲画像をクリックすると広報用チラシが拡大表示されます。 (上映プログラムも記載しています)

2階 ホール

①10月27日 (土)

②11月3日 (祝・土)

ホール

10月29日 (月)

ホール

11月4日(日)

地下講堂

11月10日 (土)

入場料金:

入場無料

主催:

広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、広島市、公益財団法人広島市文化財団、
国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)、ASIFA-JAPAN

広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会事務局

 〒730-0812 広島市中区加古町4番17号 JMSアステールプラザ内

 TEL (082)245-0245

 FAX (082)504-5658

 メールでのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

  • ツイッター - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

Copyright ©2006 International Animation Festival Hiroshima. All Rights Reserved.

top_btn.png