第13回大会 HIROSHIMA 2010

2010.8.7-11 会場:アステールプラザ

国際名誉会長

ラウル・セルヴェ

(ベルギー)

審査員
国際審査委員(*は審査委員長)

ヴィヴィアン・ハラス*

(イギリス)

アンリ・クーレフ

(ブルガリア)

ミカエラ・パヴラトヴァ

(チェコ)

ヘリット・ファン・ダイク

(オランダ)

アレクセイ・アレクセーフ

(ロシア)

林 静一

(日本)

国際選考委員(*は選考委員長)

キャンディ・クーゲル*

(アメリカ)

オットー・アルダー

(スイス)

ニコラ・ジャケ

(フランス)

ヴィオラ・ソヴァ

(ポーランド)

佐藤 皇太郎

(日本)

受賞作品
グランプリ

『アングリー・マン』

アニータ・キリ

(ノルウェー)

ヒロシマ賞

『ダイバーズ・イン・ザ・レイン』

プリット・ピャルン
オルガ・ピャルン

(エストニア)

デビュー賞

『ファミリー・ポートレイト』

ジョセフ・ピアース

(イギリス)

木下蓮三賞

『ビデオゲーム・ア・ループ・エクスペリメント』

ドナト・サンソーネ

(イタリア)

観客賞

『ジ・エンプロイメント』

サンティアゴ・ブー・グラッソ

(アルゼンチン)

国際審査委員特別賞

『ロスト・アンド・ファウンド』

フィリップ・ハント

(イギリス)

『ムトー』

ブルー

(イタリア)

『リップセットの日記』

テオドール・ウシェフ

(カナダ)

『翼とオール』

ウラジミール・レシオフ

(ラトビア)

『ラテラリウス』

マリナ・ロセット

(スイス)

『冬至』

シー・チェン
シー・アン

(中国)

優秀賞

『ミクスド・バッグ』

イザベル・ファベ

(スイス)

『キッチン・ディメンションズ』

プリット・テンダー

(エストニア)

『鵜飼』

ベッツィ・コプマー

(アメリカ)

『坊やと野獣』

ヨハネス・ヴァイランド
ウエ・ハイドシュッター

(ドイツ)

『仕立屋の娘』

フニ・メリッサ・ボリジャー

(オーストラリア)

『ハンド・ソープ』

大山 慶

(日本)

  • ツイッター - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

Copyright ©2006 International Animation Festival Hiroshima. All Rights Reserved.

top_btn.png