sub-logo2020.png
sub-logo2020j.png

国際選考委員

スヴェトラナ フィリッポヴァ Svetlana Filippova

アニメーションフィルム監督

(ロシア)

1991年、カザフスタン国立大学言語学部を卒業後、1997年、モスクワの映画学校「脚本家・映画監督のための上級コース」監督/アニメーター専攻を卒業。フョードル ヒートルーク、ユーリ ノルシュテイン、エドワルド ナザロフ、アンドレイ クルザノフスキーらのスタジオで学ぶ。現在は、絵画、書籍グラフィックス、リトグラフ、そしてアニメーションに従事。

フィリッポヴァは、ロシア内外の多数の映画祭や美術・書籍展覧会に出品している。2005年、モスクワBook Artists展覧会では、リュドミラ ウリツカヤの童話のために描いた挿絵が、グラフィックアート作家協会最優秀賞を獲得。また、全ロシア「Image of a book」コンペティションでも、L.ウリツカヤの童話のための挿絵が、「青少年向け書籍のためのイラストレーション部門」最優秀賞を受賞。さらに2008年、アンドレイ プラトーノフの小説『チェヴェングール』のためのイラストレーションが、(Bookish survey新聞のノンフィクション教養文学フェアにおける)「Best painter」部門の「Man of book」賞を受賞。

アニメーション作品『The Night has come』『Sarah’s Tale』『Three Love Stories』『Where dogs die』『Brutus』『Mitya’s Love』は、アメリカ、オーストラリア、スロバキア、イタリア、スペイン、フランス、イラン、アルゼンチン、ブラジル、ジョージア、ロシアの国際映画祭で受賞。デザインやイラストレーションを手掛けた書籍には、アンドレイ プラトーノフの『土台穴』『チェヴェングール』、L.ウリツカヤの童話、イヴァン ブーニンの『暗い並木道』、ニコライ レスコフの『左利き』、そして『ヨハネの福音書』等がある。フィリッポヴァの作品は、ロシア、ドイツ、フランスにおいて個人所蔵されている。

ズビグニェフ チャプラ Zbigniew Czapla

監督、脚本家、アニメーター、画家、グラフィックデザイナー

(ポーランド)

ポーランド、クラクフの美術アカデミー、グラフィックアート学部アニメーションフィルム学科を卒業。『ペーパーボックス』(2011年)、『トト』(2013年)、『ストレンジ ケース』(2017年)等の実験的アニメーション作品の監督及びプロデューサーを務める。これらの作品は、Animator国際アニメーション映画祭(ポズナン)、エチューダ&アニマ国際映画祭(クラクフ)、クラクフ国際映画祭(2017年、Silver Hobby Horse及びSilver Dragon受賞)、Message to Man国際映画祭(サンクトペテルブルク)、Ann Arbor映画祭(アメリカ)、KLIKアムステルダム・アニメーション・フェスティバル(オランダ)、ANIMATOU国際アニメーション映画祭 (スイス)、Polish Film Festival (アメリカ、Hollywood Eagle Animation Award受賞)等、世界中の映画祭で数々の賞を受賞。エリザベス・グリーンシールド財団(カナダ)、ドイツ学術交流会、ポーランド文化国家遺産省から助成金を授与される。ポーランド映画制作者協会会員、ASIFA(国際アニメーションフィルム協会)ポーランド支部会長。多くの映画祭で選考委員や審査委員を務めている。

リン トムリンソン Lynn Tomlinson

アニメーター、監督、タウソン大学電子メディア・映画学部助教授

(アメリカ)

アーティスト、教授、キュレーター、そして受賞歴のあるアニメーターとして、アニメーションと絵画、彫刻、人形劇、ライブ・パフォーマンス等との交わりを探究。1980年代後半よりアニメーションに携わる。触感のあるクレイ・オン・グラス技法を用いて絵画的なアニメーション・プロセスを試み、現在、環境や歴史に関する、独特な視点からの物語を調査するアニメーションを制作中。メリーランド、フロリダ、ペンシルベニア各州の、インディペンデント・メディア・アーティスト奨学金を始め、多くの助成金や特別奨学金を授与されている。アニメーション作品は、アヌシー、広島、オタワ、AnimaMundi、Tricky Women等の国際アニメーション映画祭、また、環境や子どものための多くの国際映画祭で上映。

トムリンソンの独創的な作品は、コーネル大学やデラウェア大学で個展が開かれ、デラウェア現代美術センター、バージニア現代美術館、国立ギャラリーでグループ展に出品。『The Ballad of Holland Island House』(2014)は、30以上の国際映画祭で公式上映され、グリーンピース主催コンテスト「気候変動からの絵葉書」で第1位受賞のほか、ニューヨーク近代美術館教育部門コレクション収蔵。アヌシー国際アニメーション映画祭でコンペティション上映された『The Elephant’s Song』(2018)は、ドーハから広島まで世界中の映画祭で公式上映され、ブラック・マリア映画祭で2019 Global Insights Stellar賞、Women in Animation賞のほか、ASIFA(国際アニメーションフィルム協会)アメリカ東部支部主催2019 ASIFA East Awardsでインディペンデント作品部門第1位及び優秀音楽賞を受賞。

客員アーティストとして、ミシガン大学、ベニントン大学、国立台南芸術大学、ボーリング・グリーン州立大学、コーネル大学、セントラルフロリダ大学、プラット私立大学等多くの大学で教鞭を執る。また、「Animation Journal」、「Animation Practice, Process, Production」等の専門誌に寄稿。現在、タウソン大学電子メディア・映画学部助教授、メリーランド州ボルチモア郊外在住。ASIFA(国際アニメーションフィルム協会)、アニメーション学会及びUniversity Film and Video Association会員。モネの『睡蓮』を題材として、クレイ・オン・グラス技法のフルドーム・アニメーションに関するクリエィティヴ・リサーチ・プロジェクトに取り組んでいる。

ステファン ストラティル Stefan Stratil

アニメーション作家、ウェブスターウィーン私立大学/ ウェブスター大学セントルイス校(アメリカ)講師

(オーストリア)

1963年、オーストリア、ウィーン生まれ。ウィーン応用美術大学にて、マリア ラスニック教授の下、エキスペリメンタルデザイン及びアニメーションを専攻し、1992年、修士課程修了。

ストラティルの短編アニメーションは、カンヌ、ベルリン、ロッテルダム、クレルモン=フェランなど70ヶ所以上の映画祭で上映されている。テレビや映画のコマーシャルや脚本を手がけているほか、国際的な雑誌や書籍、広告のためのイラストレーションやコミック・ストリップを制作している。

2004年よりASIFA(国際アニメーションフィルム協会)オーストリア支部会長、ASIFA本部会計及び役員理事。また、ウィーンのミュージアム・クォーターにて、主にアニメーション関連の展示を行うAsifakeilのキュレーターを務める。

ウェブスターウィーン私立大学及びウェブスター大学セントルイス校(アメリカ)でアニメーションを教えている。

大西宏志 Hiroshi Onishi

映像作家、京都造形芸術大学(京都芸術大学)情報デザイン学科教授

(日本)

1965年、鳥取市生まれ。京都芸術短期大学映像コース1期生。松本俊夫、相原信洋らに師事。卒業後は大阪の映像制作会社トップスタジオで企業PRビデオ、TV-CM、TV番組のタイトル等の企画・演出に従事。その後、CD-ROM制作会社ソフトエッジで『Cosmology of KYOTO − 京都千年物語 −』の制作に参加。CG制作会社ピーディ、フリーランスを経て2002年より現職。2003年、通信教育部アニメーションコースを田名網敬一、相原信洋らと共に立ち上げ、コース主任として2013年まで教育と運営に携わる。その後、通学部へ移籍し、映像制作、アニメーション制作、メディア論などの科目を担当。2014年度からは大学院でもアニメーションの指導にあたっている。国際アニメーションフィルム協会日本支部理事、広島国際アニメーションフェスティバル・プロジェクトメンバー、京都伝統文化の森推進協議会文化的価値発信委員、モノ学・感覚価値研究会アート分科会幹事。

主な映像作品:『アニメーションの原理と成立過程』(2005年、京都造形芸術大学通信教育部)、『Animated journey in Bali 2011』(2011年)、『旅メーション No. 9』(2016年、国際平和映像祭 審査員特別賞)、『旅メーション「死生学」』(2018年、毎日映画コンクールノミネート、第12回よなご映像フェスティバル グランプリ)。

主な著述:「アニメーションを作るワザ・教えるワザ」(鎌田東二編『モノ学の冒険』2009年、創元社)、「航海日誌抄録 海賊商品流通の学際的・文明史的研究で行った3つの美術展」(稲賀繁美編『海賊史観からみた世界史の再構築 交易と情報流通の現在を問い直す』2017年、思文閣出版)、「メディア技術に潜む精神性(スピリチュアリティ)と輪廻転生」(稲賀繁美編『映しと移ろい 文化伝播の器と蝕変の実相』2019年、花鳥社)。

  • ツイッター - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

Copyright ©2006 International Animation Festival Hiroshima. All Rights Reserved.

top_btn.png